FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

プロフィール

東京音楽大学卒業。
2015年より”ピアノ表現者”としての活動を開始。
クラシックを中心に幅広いジャンルから選曲した曲にMCを加え
1つの舞台を作るような表現スタイルで観客を引き込む。
演奏だけでなく,衣装やBGMでの演出,芝居とのコラボレーションなど
テーマにより様々な方法で自身のピアノ表現を追求している。
2016年夏には,鹿児島・宮崎県に設置してあるストリートピアノ7台を
3日間で周り、ストリートライブを行うなどの独自の活動を行っている。
自身の企画イベントの他,ホテルやギャラリーでのロビーコンサート、
カフェやレストランでのBGM生演奏,合唱団ピアニストやピアノ講師として
指導にもあたっている。

■2015年以前の受賞歴等■
4歳よりピアノを始める。
新しいピアノ・コンチェルトとの出会いにて
ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。
ピティナピアノコンペティションC級・D級・E級・全国決勝大会出場。
D級全国ベスト12賞受賞。
F級,グランミューズ部門本選優秀賞受賞。
全日本クラシック音楽コンクール大学生の部全国大会出場。
横浜国際音楽コンクール大学生の部第3位。
大学在学中,学内オーディション合格者による演奏会に出演。
これまでに谷田部弘子・斎藤節子・越村紅・中沖玲子の各氏に師事。

■企画公演■
*ピアノワンマンショー*
2012年 vol1  「然れど空の高さを知る。」(葉月ホールハウス/西荻窪)
2013年 vol2  「せ い し」(金魚坂/本郷三丁目・まつぼっくり/宇都宮)
2014年 vol2.5 「先生、昔バーのママだったんでしょ?」(四軒茶屋/三軒茶屋)
2016年 vol3  「アナログ」(葉月ホールハウス/西荻窪)
      vol4  「余韻」(両国門天ホール/両国)
2017年 vol5  「つかまり立ち」(真昼の月 夜の太陽/新大久保)

*コラボレーション*
2015年 表現舞台「ほんとうのこと」(SEED SHIP/下北沢)
共演:相川春樹(文学座) ・ 万沙子(青年座研究所卒業)
2017年 ピアノと歌のコンサート「そして、今、ココです。」(葉月ホールハウス/西荻窪)
共演:勝田 萌/ソプラノ(東京音楽大学卒業)

スポンサーサイト

2019.01.01 | | コメント(0) | ピアノ

*HPリニューアルのおしらせ*






こんばんは。

この度,ピアノ表現 石田えり としてのHPを
一新致しました。



HPを作るのって
とても大変なんですね…。
恥ずかしながら全然知りませんでした。


「作り直したいな」
と思ってから,こうして公開できるまで3ヶ月ほど…

たくさんの方にお世話になりました。

心から御礼申し上げます。



素敵な素敵なHPなので
是非ご覧下さい(^^

http://eri-ishida.com







トップにあるイラストを
イラストレーターの北澤平祐さんに描いていただきました。





北澤さんは
フランセ(洋菓子)のブランドビジュアルや





2016年に花王のビオレが新改良した際の
キャンペーンのノベルティー





2017年春から,セレクトコスメショップ
shop inの店頭ビジュアルなどなどなどなどを
担当されています。







とても可愛らしく温かく
ぎゅっと抱き締めたくなるような愛しさを感じるような作品ばかりです(´`)









今回,お願いするにあたってのテーマは

「透明な,音楽室にでるおばけ」
(ワンマンショーの時につけていただいたキャッチフレーズの中から
気に入って,blogのタイトルにさせていただいてるもの)





そして宇都宮人が愛してやまない(?)レモン牛乳っ!!!!!!!!




(私、今後レモン牛乳推してゆきますっ)





■北澤さんからのお言葉■
コンセプトとしましては、女の子はピアノを通してコミュニケーションしているというよりも、
ピアノと一体化して伝えようとしているということで、彼女はピアノであり、
ピアノは彼女自身でもあります。

また、ご要望頂いた、レモン牛乳の配色を取り入れつつ、
「透明な、音楽室にでるおばけ」ということで、音は聞こえるのにだれも弾いていない(彼女はピアノそのものであるので)という絵でもあります。

(1部抜粋)

■■■■■




始めに見た時,
思わずうるっときました。


ピアノを弾いてる…ではなく,一体化している女の子。

なんて素敵なんだろう…

それは私の永遠のテーマでもあります。
もっとピアノに近づきたい。
もっとピアノと一緒になりたい。

ピアノという物体が大好きなのです。







まだまだ私がこの素敵な作品に追い付けていないので
自分に喝入れて
共に歩んでゆきます。











コチラ,フランセのミルフィーユ!!!







小さい頃からこのミルフィーユ大好きで
たまーーーに家にあると
テンション上がりました!



2016年に「横濱フランセ」60周年を記念し
「フランセ」としてリブランドされた時に
北澤さんがブランドのデザイナーになったようです。

包装紙,ショップバック,店員さんの制服にも
北澤さんの可愛いイラストが。   
 






これを買って帰りの電車に乗ってる時
なんだか心がわくわくして,
なんども袋の中を覗いてしまいました。






人をそんな気持ちにできるって素晴らしい。
しかも自分の知らないところで。






音楽はなかなかその壁がこえられないけれど
可愛らしい頼もしいパートナーと共に

再スタートのつもりでここからまた頑張ってゆきます!!!!




今後とも 石田えり を
よろしくお願いいたします!

2018.09.18 | | コメント(0) | ピアノ

@R座読書館


@R座読書館






東京が好きだ。


東京が好きで
横浜は嫌いだ。










幸せなんて興味がないと思っていた頃の私とは

その部分では多分全く人格が変わって
今はとても楽しくて
幸せといえる毎日。








幸せの形なんて人それぞれ…というのと同様に


幸せであることが必要かどうかも人それぞれ。


たまに幸せであることがなにかを邪魔する瞬間もある。
幸せによって私の中のなにかがなくなったと思う瞬間もある。


それはなんだか空洞のよう。





それでも私は自分でそれを望み,選んだから
全力で幸せを受け止めて時に戦いながら生きてゆく。








リセットはココで。







@R座読書館

2018.09.07 | | コメント(0) | 呟き

MOROHA@横浜




MOROHAのツアー初日。
@YOKOHAMA F.A.D




一言で言うと,モヤモヤが残るライブだった。







私が観てたのはAFROさん側
前から3列目くらい。



会場の後方でなにが起きていたかはあまり分からないし
最前列でなにが起きていたかはよく見えなかったけど


「なんか変…」


というのは,空気で感じた。







MOROHAのライブっていつでも
1対1 で
AFROさんの眼差しが
UKさんの太くてそして繊細なギターの音が
心臓に直で届いてくるんだけど





なんだかこの間は

フロアを反射したAFROさんの眼差しが,いつもと少し違う様子だった気がした。




「あれ?
ステージ上からしか見えない,フロアのどこかで
なにか起こってる?」



そんなことを感じる瞬間が何度もありました。









途中,UKさんのMCでは
おそらく最前列のお客さんに対して
飲み過ぎと食べ物のこぼし過ぎを諭す発言があって

その瞬間は少し笑いが起きたけれど
やっぱりその辺りからも不穏な空気は流れていた。










そんな,いろんな
ちょっとした違和感を感じながらステージを観ていたので

MOROHAがどうこうだからでは決してなく,
なんとなく集中できなくて

モヤモヤとしてしまったのです。





最後の曲,新曲で
涙がでるくらい心を鷲掴みにされて
「やっぱり良かったなぁ。」
と放心状態だったのだけど


ぼんやりとドリンク飲みながら突っ立っているうちに
フロアの前の方に食べ散らかされたお菓子と
溢して空になったドリンクカップが露になってきて



なんともいえない虚しいきもちが押し寄せてきました。


その光景をもしAFROさんとUKさんが見たら嫌な気持ちになるだろうなぁ,と思い

お菓子のゴミを拾ってゴミ箱に入れ
ドリンクカップを拾ってカウンターに戻し
ライブハウスを出ました。



最後の最後に
やはりモヤモヤしてしまいました。











あの日会場にいた何百人(?)って人のなかで
マナーが悪かった人って10人とかそれ以下くらいだと思うんだけど

そんなたった何人かの行動で空気はできあがってしまい
逆に,これまでそれが全くなく…触れたら壊れるんじゃないか,ぐらいの緊張感と集中力がどんな会場でも(LIQUIDROOMレベルのキャパでもね)産み出されていたのは,やっぱり凄い。

良い意味であんなに疲れるライブ
他にないもの。






MOROHAのライブ
チケットがとれる限り
ずっと行きたいな…と思うけど

凄く身構えて行くし,貴重なライブだからこそ
マナーの悪い人に邪魔されて嫌な気持ちになるのなら行きたくない。




だからこそUKさんが
ライブ後Twitterではっきりと「二度と来んな」と言ってくれたことは嬉しかった。









(竹原ピストルさんのライブでも
だんだんキャパが増えるにつれて,煽りとか野次とか写真撮影とか,で
コチラも嫌な気分になる…ってゆうようなこと何度かあるけど
ピストルさんは絶対その場で,空気が悪くなっても「やめて下さい」って言うし
最終的にその空気すら,
そのお客さんすら,
絶っっっ対よい方に巻き込んでくれるのだよね。

だからどんなことがあってもみんなピストルさん大好きで仕方ないのだよー)











MOROHAのライブでのモヤモヤは
MOROHAのライブでしか晴らせないから

次回,熊谷でのライブは
いつも以上に心して行くわよ。
眼ん玉ギラギラで行くわよ。


なんてったってチケット1番だし。











あと,エリザベス宮地さんのことは
MOROHAの3人目って認識でいいのかな(笑)

2018.07.25 | | コメント(0) | 観たもの・聴いたもの

ピアノでの限界を感じた。ので。

今日、知人のフルートアンサンブルの演奏会を聴きにゆきました。


素晴らしかったなぁ。


楽器,楽曲,演奏会…クラシック音楽に
本気で向き合っている姿が
フルートを吹いている表情から伝わってきました。




思ったことがいろいろあって
それをまとめてみることにする。





「クラシック音楽の良さを伝えたい。」
…と彼女は言っていたけれど
やっぱりそれは難しい。
物凄く。





どんなジャンルであってもそれは同じで

わざわざ聴きに行くことの理由は
出演者に会いたい…とか
応援したい…というものがほとんどだと思うので

聴きに行く側の立場からすると
それがクラシックでなければいけない理由はなく、
ロックである理由はなく、
ヒップホップである理由はなく、
もはや音楽である理由もない。





友人が頑張っている。

…それがわざわざでも行く理由。







今日はそんなことを思いました。






素晴らしいと思ったからこそね。



素晴らしいのにね。
人は簡単には振り向かないんだよ。







実際のところ,私もクラシックが好きかと言われると
返答に悩む。


演奏会だってほとんど行かない。


自分自身も
リストを弾いている時も
ドビュッシーを弾いている時も
伝えたいのは”曲”じゃなく”思い”。

(だからやっぱり私はピアニストではない。)







ライブやったらたくさんの人がわざわざ来てくれるような人間でありたいけど
どうやら私はそうではない。

それでいてピアノなんて特に場所が限られる不自由な楽器。


広がらないんだよね。







今,お仕事としと頂いている演奏の場も
きっと私でなければならない理由はない。




どうしたらよいんだろう。





どうしたらよいんだよー。








…と,演奏会終わりにタリーズで思いを巡らせていて思ったのですが



生配信というものをやってみようと思いました。







「こんばんはー。石田えりでーす。」
とかゆうのではなく

ただただひたすらピアノを弾き続けるだけのやつ。










ピアノを聴くことって
桜や花火に似てると思うのです。






私にとっては…だけど

桜も花火も美しいし好きだけど
わざわざ見に行くものではなく
電車に乗ってる時とかにたまたま見えるくらいがちょうどいいのです。


そのたまたまに心癒されたりするのです。



きっとピアノもそんなもの。


…と考えると
誰かの生活の中の”たまたま”になるのは
インターネットなりを使った配信というのが近いんじゃないかな,と思ったのです。




如何だろう。






とは言え私ガラ携ユーザー,
家でネットが繋がっていないという
壊滅的な状況。

アドバイスとか募集中です。










なんか少しだけ何かが腑に落ちた感じがして
忘れないうちに…の乱文でした。






いろいろと考えてゆきたいです。





2018.06.17 | | コメント(0) | ピアノ

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。