FC2ブログ

2月22日 ピアノとうたのコンサート


こんにちは。



2月22日
うたの後輩、勝田萌ちゃんとのコンサート
終わりました。





同じ空間にいて下さった皆さま
ありがとうございました。



20200225120403683.jpg





どんなに練習でうまくいっても
本番で失敗することもあるし、


練習であまりしっくりこないことも
本番でぴったりとはまったりします。



それはやっぱりお客様の存在で
緊張したり集中力が上がったりする中で

その時その瞬間にしかうまれないこと。




演奏を させて下さり、聴いて下さり

ありがとうございました。









プログラムの事後報告です。


●一部●

・テルーの唄
(「ゲド戦記」より)

・時には昔の話を - ピアノソロ
( 「紅の豚」より)

・花の街
( 詞:江間章子 曲:團伊玖磨)

・待ちぼうけ
( 詞:北原白秋 曲:山田耕筰)

・亜麻色の髪の乙女 - ピアノソロ
(ドビュッシー )

・ノーサイド
( 松任谷由実 )

・カチューシャの唄
( 編曲:信長貴富)





●二部●

・悲愴 / ショパン - ピアノソロ
( アレンジ:→Pia-no-jaC←)

・明日への手紙
(手嶌葵)

・心の瞳
(坂本九)

・落葉松 - ピアノソロ
(作曲:小林秀雄)

・恋するニワトリ
( 谷山浩子 )

・ファイト
(中島みゆき)


アンコール
- 野に咲く花のように
(ダ・カーポ)




--------------------


これは私ひとりの考えですが

事前にプログラムを配らないのには
2つの理由があります。




まず1つ目は
前日…時には当日まで
プログラムが決まらない。

これはもう、言い訳ですね。
間に合わないんです、要するに。




2つ目は
なるべく先入観や心の準備なく
聴いてほしい から。

…私の場合 なんですが
事前にプログラムを見ると、
どうしても知っている曲を集中して聴くために
他の曲で気をぬいてしまったり
次の曲のことを考えたりしてしまうのです。

私はそういう聴き方をして欲しくなくて
「次なにが始まるんだろう」ってゆう
不安な間とか、

知らない曲であれば、
どこか別の場所に思考や感情を飛ばしていただくこととか、

そういうことを含めて
演奏を、'感じて'いただきたいな…と思っています。






だから、事前にはプログラムを作らないけど
終わった後に配ったり
間に合わなければこんな風に事後報告したりしています。







今回、本番までの萌ちゃんとのやりとりの中で

音楽との向き合い方みたいなことを
けっこう激しめに意見を言いあってた時

「私は、演奏者というより、選曲家であり演出家だ!」…って
私が言ったんだけど
うん。ほんとそれ。


そんな感じだよ。



だから、今回もだけど、MC褒められると嬉しいし

「コンサート初めてだったけど
ちゃんとお客さんを連れてってくれて良かった!」
…って言葉を頂けて嬉しかったです。




いやいや、演奏も頑張れよ…ですが。。





でも、だからこそ私は

ピアニスト じゃなくて

ピアノ表現 って名乗ってるんたよね。







まだまだ

面白いことを やっていきたいよ。







今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



2020.02.25 | | コメント(1) | ピアノ

*HPリニューアルのおしらせ*






こんばんは。

この度,ピアノ表現 石田えり としてのHPを
一新致しました。



HPを作るのって
とても大変なんですね…。
恥ずかしながら全然知りませんでした。


「作り直したいな」
と思ってから,こうして公開できるまで3ヶ月ほど…

たくさんの方にお世話になりました。

心から御礼申し上げます。



素敵な素敵なHPなので
是非ご覧下さい(^^

http://eri-ishida.com







トップにあるイラストを
イラストレーターの北澤平祐さんに描いていただきました。





北澤さんは
フランセ(洋菓子)のブランドビジュアルや





2016年に花王のビオレが新改良した際の
キャンペーンのノベルティー





2017年春から,セレクトコスメショップ
shop inの店頭ビジュアルなどなどなどなどを
担当されています。







とても可愛らしく温かく
ぎゅっと抱き締めたくなるような愛しさを感じるような作品ばかりです(´`)









今回,お願いするにあたってのテーマは

「透明な,音楽室にでるおばけ」
(ワンマンショーの時につけていただいたキャッチフレーズの中から
気に入って,blogのタイトルにさせていただいてるもの)





そして宇都宮人が愛してやまない(?)レモン牛乳っ!!!!!!!!




(私、今後レモン牛乳推してゆきますっ)





■北澤さんからのお言葉■
コンセプトとしましては、女の子はピアノを通してコミュニケーションしているというよりも、
ピアノと一体化して伝えようとしているということで、彼女はピアノであり、
ピアノは彼女自身でもあります。

また、ご要望頂いた、レモン牛乳の配色を取り入れつつ、
「透明な、音楽室にでるおばけ」ということで、音は聞こえるのにだれも弾いていない(彼女はピアノそのものであるので)という絵でもあります。

(1部抜粋)

■■■■■




始めに見た時,
思わずうるっときました。


ピアノを弾いてる…ではなく,一体化している女の子。

なんて素敵なんだろう…

それは私の永遠のテーマでもあります。
もっとピアノに近づきたい。
もっとピアノと一緒になりたい。

ピアノという物体が大好きなのです。







まだまだ私がこの素敵な作品に追い付けていないので
自分に喝入れて
共に歩んでゆきます。











コチラ,フランセのミルフィーユ!!!







小さい頃からこのミルフィーユ大好きで
たまーーーに家にあると
テンション上がりました!



2016年に「横濱フランセ」60周年を記念し
「フランセ」としてリブランドされた時に
北澤さんがブランドのデザイナーになったようです。

包装紙,ショップバック,店員さんの制服にも
北澤さんの可愛いイラストが。   
 






これを買って帰りの電車に乗ってる時
なんだか心がわくわくして,
なんども袋の中を覗いてしまいました。






人をそんな気持ちにできるって素晴らしい。
しかも自分の知らないところで。






音楽はなかなかその壁がこえられないけれど
可愛らしい頼もしいパートナーと共に

再スタートのつもりでここからまた頑張ってゆきます!!!!




今後とも 石田えり を
よろしくお願いいたします!

2020.01.01 | | コメント(0) | ピアノ

プロフィール

東京音楽大学卒業。
2015年より”ピアノ表現者”としての活動を開始。
クラシックを中心に幅広いジャンルから選曲した曲にMCを加え
1つの舞台を作るような表現スタイルで観客を引き込む。
演奏だけでなく,衣装やBGMでの演出,芝居とのコラボレーションなど
テーマにより様々な方法で自身のピアノ表現を追求している。
2016年夏には,鹿児島・宮崎県に設置してあるストリートピアノ7台を
3日間で周り、ストリートライブを行うなどの独自の活動を行っている。
自身の企画イベントの他,ホテルやギャラリーでのロビーコンサート、
カフェやレストランでのBGM生演奏,合唱団ピアニストやピアノ講師として
指導にもあたっている。

■2015年以前の受賞歴等■
4歳よりピアノを始める。
新しいピアノ・コンチェルトとの出会いにて
ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。
ピティナピアノコンペティションC級・D級・E級・全国決勝大会出場。
D級全国ベスト12賞受賞。
F級,グランミューズ部門本選優秀賞受賞。
全日本クラシック音楽コンクール大学生の部全国大会出場。
横浜国際音楽コンクール大学生の部第3位。
大学在学中,学内オーディション合格者による演奏会に出演。
これまでに谷田部弘子・斎藤節子・越村紅・中沖玲子の各氏に師事。

■企画公演■
*ピアノワンマンショー*
2012年 vol1  「然れど空の高さを知る。」(葉月ホールハウス/西荻窪)
2013年 vol2  「せ い し」(金魚坂/本郷三丁目・まつぼっくり/宇都宮)
2014年 vol2.5 「先生、昔バーのママだったんでしょ?」(四軒茶屋/三軒茶屋)
2016年 vol3  「アナログ」(葉月ホールハウス/西荻窪)
      vol4  「余韻」(両国門天ホール/両国)
2017年 vol5  「つかまり立ち」(真昼の月 夜の太陽/新大久保)

*コラボレーション*
2015年 表現舞台「ほんとうのこと」(SEED SHIP/下北沢)
共演:相川春樹(文学座) ・ 万沙子(青年座研究所卒業)
2017年 ピアノと歌のコンサート「そして、今、ココです。」(葉月ホールハウス/西荻窪)
共演:勝田 萌/ソプラノ(東京音楽大学卒業)

2019.12.31 | | コメント(0) | ピアノ

クリスマスパーリー


お久しぶりです。




「クリスマスとか興味ない。」と、
口にだして公言してきてすっかり
「クリスマスとか興味ない人」になっていたのですが
今年、先週、小学校からの友人まりちゃんのお家で
私としては最大級の'クリスマス'を感じて
なんかちょっと、世界が変わった気がしてる。





自他ともに認める「頭の中お花畑」な彼女とは
小学校で友達にならなかったら
たぶん一生仲良くならなかっただろう…ってくらい
私とは真逆。



なんだけど、

そんな彼女からは想像もできないようなタイプの結婚をしたり、
いろいろ、ふわふわとしたテンションでお話ししてくれる彼女の言葉の端々に
しっかりとした考えが混じっているのを感じることも多く、

なんだかんだ一緒にいると発見や驚きがあるから不思議。





「お花柄のカーテンが似合う家に住みたい\(^^)/」と言っていたまりちゃんの新居は
旦那さんの 0からのプロデュースのもと
'お花'に限らず、'柄'なんて一切無縁。

カーテンすらいらないような角度の窓の作りになっていたし
目に見える全てのものが、洗練されていた。
作家さんによる1点ものの器とか
ちょっとした観葉植物も、すべて拘りのもの。


「すごいねー」と口をあけてキョロキョロするしかなかった。




そんな素敵なお家に身をおきながら、
でも、旦那さんが長期の海外出張なのをいいことに
お家の中はすっっっかりのクリスマスモード。


テーブルの上は常にクリスマスの食器がセットされているというから驚き…。

BGMもずっとクリスマス。


「クリスマスって大好き♪」
「クリスマスだけは譲れないんだ♪」
「ツリーを飾るスペースだけは、頼んで作ってもらったの♪」
「えりちゃんはどんなツリーが好き?♪」

…と、終始ごきげん(笑)。


「ちょっと、なに言ってるかよく分からないっす…」
と、私はタジタジでした。


家の中がこんなに「クリスマス」なことってあるの?



私はどちらかと言うと
まりちゃんの旦那さんタイプ…。






まりちゃんがだしてくれたアセロラジュース。

市販のアセロラジュースに
「甘すぎる」と水を足し、
「おしゃれっぽい」と、ラズベリーとブルーベリーを入れていました。

20191222153424977.jpg




夕ごはんも、
さすがお母さん仕込み。
しっかり下準備してあって美味しかった。


20191222153433ede.jpg




紅茶はもちろん、カップを一度暖めてからだしてくれて…。





私は目の前の、異空間での異質な出来事に
心と体がついていかないような
不思議な感覚に。







でも、
小学校からの付き合いだからこそ知ってる
まりちゃんの人生のいい出来事、悪い出来事、

babyの誕生を待ちながら、素敵なお家でクリスマスを過ごしている今がとても幸せなこと、

ひっくるめて、私もなんだか暖かい気持ちになりました。



不思議なのは、「羨ましい」って気持ちが
少しもわかなかったこと。

羨ましいよ、そりゃ羨ましいんだけど
それより「幸せ」が圧倒的に大きかった。



女の人生、25を越えるあたりから常に
同級生と自分を比べて
落ち込んだり時には嫉妬したり
友情に勝手にヒビを入れたりしてしまうもんだけど

友達の幸せをこんなにすとんと「幸せ」と思える自分に
少しびっくり、少し安心しました。





クリスマスだから…って訳では特別ないんだけど、

暖かいクリスマスでしたよ。






来年は、自分でもちょっと
クリスマスっぽいことやってみようかな。



2019.12.22 | | コメント(0) | ピアノ

旬。


安定の、「お久しぶりです。」

久しぶりすぎて
ブログログインのIDもパスワードも
忘れてた。





ブログ頑張る月間
またやろうかな。


文章を書く時間ってやっぱり貴重。






前回のブログでは平成が終わるよと言っておりましたが
それから消費税もあがり
なんだか今年は慌ただしいですね。

消費税があがったことに関して
お得な買い物の仕方とか
いろいろな還元制度とか
全く情報を得ていないんだけど
損してたりするのかな。



一応 なにかしなきゃ と思い
9月の下旬に洗濯機と布団クリーナーは購入。

まだまだまだまだまだ届くのは先だけど。










2012年から毎年やってきた自主企画を
今年はやっていない。やらない。予定。


昨年やった「叶え組のリアル」で
ある程度なにかができたような、
でもなにも伴っていないような、
このままじゃ絶対ダメだよなぁというような、
だからってまたなにかを模索するべきかも分からないまま年が明け

2019年は、演奏活動以外の部分でピアノでいろいろ幅を広げるべきこともあったので
なんとなく「やらない」って決めたような
ぼんやりした感じです。







今まで頑張っていた訳でもなく、
今頑張っていない訳でもないけど、
今までの私が頑張ってるように見えていたようで
その私を特別に贔屓して下さったり
面白がって近寄って下さった方々が
そこから覚めて去っていくのを肌で感じながら
そしてその方々の新しい興味の矛先を
SNSやなんかで拝見しながら
特に感情もなく「へー。」と思っている。


変化し続けながら続いていく人生が
他人のそれと交わる時間は
多くの場合が一瞬で。

これまでその一瞬を共有できたたくさんの人に
心から感謝。
これからもそれを繰り返していくんだろうと思うけど

「ずっと思いあっていたいし、そうでありながらずっと近くにいてほしい。」
って思える数少ない人達と、なにかを作ったり形にしたりしていくことを
これからの人生では大切にしたいです。













欅坂46の東京ドームでのライブに行ってきました。



…突然話が変わったように見えるけど、変わらないよ!



あのですね、てち(平手友梨奈)が大好きなんですよ、私。

年下の同性に対して、こんなに感情をつかまれるのなんて初めてだけど
それが一瞬じゃなく、てちがこれから成人して大人になり欅をやめたとしても違う道へ行ったとしても
てちの人生をずっとずっと応援したいな、と本当に思うのです。

そんな人に出会えて幸せ。

ライブでのてちは圧巻でした。
生で見れてよかったなぁ。







そう、だからね、そういう、
ずっと変わらないだろうな…っていうものって
数少ないけどあると思うのです。



それを特に大切にしたい。



そういう話でした。






今日の深夜の「欅って書けない?」で
その東京ドームでのライブの様子が
特集されるよ。

見てみたらいいさ。








ではでは。

できるだけまた近いうちに。


2019.10.06 | | コメント(0) | ピアノ

«  | ホーム |  »