FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

企画終了。 集客について。


23日,

ラッパー狐火さんとのツーマンライブ終了しました。


ご来場下さった方々
ありがとうございます。


ご連絡下さった方々
ありがとうございます。
お気持ち受け取ってます。



時間がたつにつれて
反省点や悔しい気持ちが沸いてきて

今が一番いいライブができるんじゃないか,と
悶々としています。











でも,
私の友人達が,
「狐火さん良かった…」と言ってくれたり
泣いてる子もいたり,

ライブハウスの店長さんが
「松本さんやっばいですね…いいですね…!!」と,
オープニングアクトで出て下さった松本大亮さんのことを絶賛して下さったり,


そういう意味では,この「自家発電」という企画に
意義を見いだせました。







店長さんが
「絶対またやって欲しい…。
どんなことでも力になりたい…。
どうしたらいいですか…?」
と,必死に言って下さって


嬉し恥ずかしさで,
穴があったらもぐりこみたいくらいでした。



そういうお声,お気持ちに
なんとか応えてゆきたいです。。








単に企画者としては
我ながら95点くらいです。


でもやはり表現者としてはまだまだまだまだ…
24点くらい。

狐火さんの凄さに圧倒されてしまい
感化されすぎました…。

よくもまぁ狐火さんが作ったはりつめた空気の中に飛び込めていけたもんだ,と
自分の度胸だけは誉めてやりたいです…。







精進します。


この悔しさを胸に。












そして毎度,苦しんで騒いでいる集客の部分ですが

今回は,目標の半分にも届きませんでした。

ワンマンショーvol5の半分にも届きませんでした。

これは切ない。







別にそれだけが大切な訳じゃないでしょ。
もっと大切なこと,気にすべきことが他にあるでしょ。

…と言われます。





でも,私は演者であり企画者なので

企画者としては,1つでも多くの席を埋めたい。
1人でもたくさんの方に来て欲しい。

舞台上からの景色を少しでもよいものにしてあげたいのです。




その先,
哀れみであれ,
同情であれ,
義理であれ,
当日来て下さったお客様の心を動かすのは演者の仕事。









小学生の時,地元宇都宮にポーランドからオーケストラがやってきて
共演させていただいた時に

ノルマとして課されたチケット100枚を
私の母が必死に,本当に必死に
全て売りさばいてくれました。

今思うと本当に凄いこと。

そしてそんな風に身近で尽くしてくれた人の存在と心は
私の中に確実に受け継がれているから


だから,必死なのです。
「必死だね…」と冷めた眼差しを向けられてることも自覚してるけど
もうそんなことで傷つくプライドなんてありません。


必死ですよ。
悪いですか。
集客に関しては開き直りたくなんかないのです,絶対に。




…なんて強く言ってみたものの,
恐怖だけどね。

宣伝メール1つ送る送信ボタンも
震えながら押すけどね。







この葛藤はずっと続くだろうけど。

逃げずに頑張ります。









だからこそ,来て下さった方には
本当に感謝しています。


ありがとうございます。









苦労じゃないです。

苦悩です。







表現者 石田えり

企画者 石田えり

共々,必死に頑張ります。

2018.02.25 | | コメント(0) | ピアノ

2018年2月23日「自家発電」のお知らせ







こんにちは。
初めまして。

石田えりと申します。
ピアノを弾いてます。


この度
「自家発電」
というライブを主催することになりました。



ここから,
つらつらとその経緯や意気込みについて書いてゆくので
読んで頂けたら幸いです。


(多分とても長いので
一応ブックマークしておいて
時間がある時にちょこちょこ…なニュアンスでっ!!)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石田えりpresents
「自 家 発 電」 vol1

2018年2月23日(金)
19:00open/19:30start
@真昼の月夜の太陽
前売り\2,500/当日\3,000
(1drink別)

-live-
●石田えり(ピアノ表現)
●狐火(ラッパー)
O・A 松本大亮(ギター弾き語り)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









もともと音楽をジャンルで分けるのは好きじゃなくて
音楽に限らずだけど…。


自分とちゃんと向き合って戦って生きている人が好きで
そういう人間からでてくる表現は,
なんであれ信頼,尊敬できる。




私自身そうでありたいと思っているけど
ピアノとかクラシックとか,一番偏見されやすいところで
どうそれをなくしていけるのか…。



これまでワンマンショーという形でやってきて
今年の5月のワンマンショーで
ある程度何かが見えて来たけれど
ひとりでやっているものは
なかなか広がってゆかない…。





どーしたらよいものか,といろいろ考える中で
心から信頼するアーティストさんをオファーし
ツーマンライブをすることにしました。





その第一弾が
狐火さんです。









私なんぞの身の丈にあっていないのは
100も承知です。


でも,共演を受けていただいたからには
そんなの全然関係なく
全力の全力で挑む次第。








初めて聴いた時…とか,いつだったか思い出せないけど
号泣しながら聴きました。

悔し涙で。


自分が,たった一人でも信じてあげるべき自分のこととか
無条件で応援してくれる,大切な人達の暖かさとか

向き合っているかい?
逃げてるんじゃないかい?

って,苦しい自問自答がとまらなくなり


これをご覧の方は
ラップは聞く方ばかりではないだろうけど

私も普段,
好んで聞く訳ではなくて,
胸に刺さり
涙を流し
悔しさに歯を食い縛りながら聴いたのが

たまたま狐火さんで
たまたまラッパーだっただけです。





「ラップとか興味ないから」
…ではなく,私が自身に与えた
高すぎるハードルを超えるところを
是非観て欲しいのです。






そうしてもう一方,
オープニングアクトとして出演していただくのが
松本大亮さんというギター弾き語りの学生のアーティストさん。






たまたま都内で参加した
"オープンマイク"なるイベントでご一緒し
一目惚れしました。
(ん…?一聞惚れ…?)




ゲノムについて研究しています。
大学院生です。
…という自己紹介をして,
ラーメンのTシャツを着て歌いだした彼の歌は


「たった少しの遺伝子の違いで
檻の中で見られる側か外から見る側か」

…という詞からで始まる衝撃的な内容でした。




詞の内容への衝撃,
純粋に曲の良さへの衝撃,
そしてラーメンのTシャツへの衝撃

…などで,ちょっと現実に戻るまでに時間を要しました。


ざわざわと胸騒ぎがしました。


松本さん自身は「批判もある」と言っているけど

音楽に,
こうじゃなきゃいけないとか
これはしちゃいけない…なんてことないんだし,

私は,松本さんの歌が世に認められないなんておかしい!!
もっともっとたくさんの人に聴いて欲しい!!

と自信を持って言えるので,今回オープニングアクトとしてオファーしました。












こんなに素晴らしいお二方を一度に見ることができるなんて

本当に贅沢です,
今から楽しみです。


…自分が弾かないならね!!

自分が弾かないのならばね!!


…残念ながら弾かなければいけないので
楽しみというか,苦しみ…。


orz



でも乗り越えなければいけなくて,
自分で乗り越えるべき最大の壁を自分で建てた企画なので
頑張ります。










「自家発電」には
自分を照らす照明を自分で作る…という意味合いを込めました。


("自家発電始めました"という表現ユニットを
役者である親友と地味に作ってたりするんだけど
込めた意味は同じ。)


人に光を当てもらう日を待っていたら
たぶん真っ暗なまま死んでしまうので

全力で自家発電頑張ります。






読んで下さった方,
ありがとうございます。




2月23日。

絶対に素敵なライブが待っているので
真昼の月夜の太陽 でお会いしましょう。




よろしくお願い致します。

石田 えり

2018.02.22 | | コメント(0) | ピアノ

ピアノ坂 のお知らせ








乃木坂46,欅坂46が好きと
ずっと公言してたのですが

ついにやります
ソロライブ
「ピアノ坂」!!






乃木坂46,欅坂46の楽曲のみを
本格的なピアノソロアレンジで演奏します。




今までは自分のピアノワンマンショーで
2曲くらい弾くだけ…でしたが
だんだん物足りなくなってきて
「ピアノ坂」として今回企画しました。


曲が本当に好きなのです
そしてピアノアレンジがまた素敵なのです。



会場は 「金魚坂」

(…本郷三丁目から徒歩5分
創業350年の金魚問屋です
レトロな喫茶店が併設されていて
そちらにグランドピアノが置いてあります。)




-------------------
石田えり(ピアノ表現)
ソロライブ「ピアノ坂」

●2017年11月26日
●13:30open/14:00start
●金魚坂
(本郷三丁目 徒歩5分)
●\3,000 ※要予約
(中国茶+ケーキセット or
ワイン+おつまみセット 付き)
-------------------

お問い合わせ・ご予約
eri.ishida.piano@gmail.com

SNS等でも承ります!





11月26日,是非 坂を満喫しにいらして下さい!

石田えり
http://eri-ishda.com/

2017.11.25 | | コメント(0) | ピアノ

お褒めの言葉を


こんにちは。



Twitterは,いざ「やろう!!」としても
うまく機能できないし


instagramは,今,写真を撮ることに圧倒的に興味がないし


Facebookは,"友達"である人達の顔や反応が
投稿する前から想像できてしまうし


使いこなせるようになりたい,と思うも
やっぱり苦手。





ブログは好きです。
誰も見てないだろーな,
でも誰か見てるかも…って感じで
誰の目もきにせず投稿できるから。


なんだかんだ10年くらいやれてるしね。









とは言ってるものの
ココから上の文は
4日前に書いて放置してたもの…





1つ投稿するのに1週間くらいかかってる。




雨のせいだね。








さてさて。




先週,長野の蓼科へ
温泉旅館のロビーコンサートの出演で行って参りました。


3ヶ月に1回くらいのペースで
もう10回くらいはお世話になっていると思うのですが

今回初めて,日が経ってからお客様から感想のメールを頂きました。


演奏直後に話しかけて下さったり
お褒めの言葉を頂戴することは多いのですが
わざわざ直接メールを頂くのは初めて。







夕食後のコンサートだったので
アルコールも入り,ご迷惑おかけしてすいません…
ということ,
(そんなことはちっとも思ってないけど!!!!!!!)


…そのような場にも関わらず
演奏を流したりせず
1曲1曲渾身の演奏で感心した ということ,


「落葉松」が素晴らしく,これから年齢や経験を重ねて
間違いなく先が楽しみな音楽家になるでしょう ということ。









演奏後,ご帰宅後,
コンサートのことを思いだし,
私のことを思いだして下さったこと,
嬉しく,くすぐったく,恥ずかしく思います。



しかしながら私,
お褒めの言葉を真っ直ぐに受け止められないちょっとひねくれた人間でして

何十回もこのメールをゆっくりゆっくり読みながら
言葉を頭の中でぐるぐる回らせて
じっくりじっくり体や心に流しています。






めんどくさい奴ですね。







それにステージに立ってる瞬間の私に向けられた言葉は
それ以外の私にはそぐわないから

やっぱり変な感じ。







もうちょっと,
難しくない人間になりたいです。









でもそれもこれも
絶対的に雨のせいですね。










読んで下さった方,
ありがとうございます。

こんな感じのブログですが,
また覗きに来て下さいませ。

2017.10.20 | | コメント(0) | ピアノ

貧しさこそが敵



今日は朝が早いので
「"喫茶店"のモーニングでも食べたいなぁ」
と思いつつ
「だめだめ。節約。」
と揺れていたら急に,東京事変の「キラーチューン」が頭の中を流れ始めた。




「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵






「よし贅沢しよう!!!!!」
…と喫茶店入りました。




にしても凄い歌詞だな。
残念ながら,私の脳内を"現実"というやっかいなものが支配しているので
100%共感はできないけど,
そんな風に生きられたら楽しいだろうなぁと思う。










昨日は
人生2度目のブッキングライブ
@真昼の月夜の太陽
でした。


終わった後はさすがに気が抜けたけれど店長さんに
「始まる前機嫌悪かったですか?
やっぱ出たくなかったですかね?」
…と言われました。


相当仏頂面だったらしいです。





でも全然そんなことはなく。

ライブハウス,ハシゴ ハシゴで入り浸っていたような時期もあるけど
当時も含め,大好きだけど気楽に楽しめる場所ではないです,やはり。


音楽と人とか,
人と人とか,
いろんなものが出会い別れていく場所で

音が生まれては消え
愛が生まれては消え
…っていう場所で

それが,狭い空間にぎゅっと詰まっているから
自然と息が詰まります。
それが好きなんだけどね。
好きで好きでたまらないんだけどね。


仏頂面の原因はそれです。





そんな場所で,
まさか自分が
まさかピアノを弾くなんて思ってもいなかったので
まだいろんなことが一致していないですが


また来年,年明けの企画によんでいただけそうなので
それまでに自分の中で一皮むきたいと思います。
エロス ←












私の敬愛するピエール瀧さまが
最近たくさんCM出てるのに加えて
秋からのドラマの予告とかでも
いきなりテレビ画面越しに目があったりするので
家の中でも気抜けない…


なかなか休まらない毎日です。

2017.09.21 | | コメント(0) | ピアノ

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。