FC2ブログ

MOROHA@横浜




MOROHAのツアー初日。
@YOKOHAMA F.A.D




一言で言うと,モヤモヤが残るライブだった。







私が観てたのはAFROさん側
前から3列目くらい。



会場の後方でなにが起きていたかはあまり分からないし
最前列でなにが起きていたかはよく見えなかったけど


「なんか変…」


というのは,空気で感じた。







MOROHAのライブっていつでも
1対1 で
AFROさんの眼差しが
UKさんの太くてそして繊細なギターの音が
心臓に直で届いてくるんだけど





なんだかこの間は

フロアを反射したAFROさんの眼差しが,いつもと少し違う様子だった気がした。




「あれ?
ステージ上からしか見えない,フロアのどこかで
なにか起こってる?」



そんなことを感じる瞬間が何度もありました。









途中,UKさんのMCでは
おそらく最前列のお客さんに対して
飲み過ぎと食べ物のこぼし過ぎを諭す発言があって

その瞬間は少し笑いが起きたけれど
やっぱりその辺りからも不穏な空気は流れていた。










そんな,いろんな
ちょっとした違和感を感じながらステージを観ていたので

MOROHAがどうこうだからでは決してなく,
なんとなく集中できなくて

モヤモヤとしてしまったのです。





最後の曲,新曲で
涙がでるくらい心を鷲掴みにされて
「やっぱり良かったなぁ。」
と放心状態だったのだけど


ぼんやりとドリンク飲みながら突っ立っているうちに
フロアの前の方に食べ散らかされたお菓子と
溢して空になったドリンクカップが露になってきて



なんともいえない虚しいきもちが押し寄せてきました。


その光景をもしAFROさんとUKさんが見たら嫌な気持ちになるだろうなぁ,と思い

お菓子のゴミを拾ってゴミ箱に入れ
ドリンクカップを拾ってカウンターに戻し
ライブハウスを出ました。



最後の最後に
やはりモヤモヤしてしまいました。











あの日会場にいた何百人(?)って人のなかで
マナーが悪かった人って10人とかそれ以下くらいだと思うんだけど

そんなたった何人かの行動で空気はできあがってしまい
逆に,これまでそれが全くなく…触れたら壊れるんじゃないか,ぐらいの緊張感と集中力がどんな会場でも(LIQUIDROOMレベルのキャパでもね)産み出されていたのは,やっぱり凄い。

良い意味であんなに疲れるライブ
他にないもの。






MOROHAのライブ
チケットがとれる限り
ずっと行きたいな…と思うけど

凄く身構えて行くし,貴重なライブだからこそ
マナーの悪い人に邪魔されて嫌な気持ちになるのなら行きたくない。




だからこそUKさんが
ライブ後Twitterではっきりと「二度と来んな」と言ってくれたことは嬉しかった。









(竹原ピストルさんのライブでも
だんだんキャパが増えるにつれて,煽りとか野次とか写真撮影とか,で
コチラも嫌な気分になる…ってゆうようなこと何度かあるけど
ピストルさんは絶対その場で,空気が悪くなっても「やめて下さい」って言うし
最終的にその空気すら,
そのお客さんすら,
絶っっっ対よい方に巻き込んでくれるのだよね。

だからどんなことがあってもみんなピストルさん大好きで仕方ないのだよー)











MOROHAのライブでのモヤモヤは
MOROHAのライブでしか晴らせないから

次回,熊谷でのライブは
いつも以上に心して行くわよ。
眼ん玉ギラギラで行くわよ。


なんてったってチケット1番だし。











あと,エリザベス宮地さんのことは
MOROHAの3人目って認識でいいのかな(笑)

2018.07.25 | | コメント(0) | 観たもの・聴いたもの

ピアノでの限界を感じた。ので。

今日、知人のフルートアンサンブルの演奏会を聴きにゆきました。


素晴らしかったなぁ。


楽器,楽曲,演奏会…クラシック音楽に
本気で向き合っている姿が
フルートを吹いている表情から伝わってきました。




思ったことがいろいろあって
それをまとめてみることにする。





「クラシック音楽の良さを伝えたい。」
…と彼女は言っていたけれど
やっぱりそれは難しい。
物凄く。





どんなジャンルであってもそれは同じで

わざわざ聴きに行くことの理由は
出演者に会いたい…とか
応援したい…というものがほとんどだと思うので

聴きに行く側の立場からすると
それがクラシックでなければいけない理由はなく、
ロックである理由はなく、
ヒップホップである理由はなく、
もはや音楽である理由もない。





友人が頑張っている。

…それがわざわざでも行く理由。







今日はそんなことを思いました。






素晴らしいと思ったからこそね。



素晴らしいのにね。
人は簡単には振り向かないんだよ。







実際のところ,私もクラシックが好きかと言われると
返答に悩む。


演奏会だってほとんど行かない。


自分自身も
リストを弾いている時も
ドビュッシーを弾いている時も
伝えたいのは”曲”じゃなく”思い”。

(だからやっぱり私はピアニストではない。)







ライブやったらたくさんの人がわざわざ来てくれるような人間でありたいけど
どうやら私はそうではない。

それでいてピアノなんて特に場所が限られる不自由な楽器。


広がらないんだよね。







今,お仕事としと頂いている演奏の場も
きっと私でなければならない理由はない。




どうしたらよいんだろう。





どうしたらよいんだよー。








…と,演奏会終わりにタリーズで思いを巡らせていて思ったのですが



生配信というものをやってみようと思いました。







「こんばんはー。石田えりでーす。」
とかゆうのではなく

ただただひたすらピアノを弾き続けるだけのやつ。










ピアノを聴くことって
桜や花火に似てると思うのです。






私にとっては…だけど

桜も花火も美しいし好きだけど
わざわざ見に行くものではなく
電車に乗ってる時とかにたまたま見えるくらいがちょうどいいのです。


そのたまたまに心癒されたりするのです。



きっとピアノもそんなもの。


…と考えると
誰かの生活の中の”たまたま”になるのは
インターネットなりを使った配信というのが近いんじゃないかな,と思ったのです。




如何だろう。






とは言え私ガラ携ユーザー,
家でネットが繋がっていないという
壊滅的な状況。

アドバイスとか募集中です。










なんか少しだけ何かが腑に落ちた感じがして
忘れないうちに…の乱文でした。






いろいろと考えてゆきたいです。





2018.06.17 | | コメント(0) | ピアノ

そんな痩せ方は嫌だ



前にブログ書いたのいつだっけ。



と見てみたら4月中旬でした。










せめて月1回は更新しないとね。









ついでに,このブログを開設したのがちょうど1年くらい前なので
その記事も見てみたら

1年前の私は
「新しいブログでは写真の充実が目標」
…とか仰ってましたが

全然目標達成できてませんわね。


これからも多分できそうにありませんが
これが私の身の丈です。




多いに結構。













1月中旬に引っ越して

それまで7年くらいは家の近くのジムに通っていたのがなくなり
運動から離れてしまったら



3ヶ月で2キロくらい増えてしまいました。






これじゃいかん,と
最近夜のランニングを始めた次第。













好きな音楽を爆音で聴きながら
ひたすら線路沿いを

電車に追い越されたり
暗い中遠くで光る踏み切りの赤に嫉妬したりしながら

腕を降って足を上げて
自問自答しています。






それはピアノに向かっている時とよく似ている。








「ラクして痩せる♪」なんてことしたくないのです。

苦しくなきゃ意味ないのです。







ピアノも一緒。


楽しみが先にきたら
きっと続かない。










…それを思いだせて

自分の心が自分の手に往復ビンタ食らった感じ。







よっしゃあ,と気合いが入りました。









ウェルカム苦しみ。









しかしストイックスイッチが
自分だけでなく同時に他人にも向いてしまうのが悪いところです。




どうにかせねば。












このブログ,30分くらいで一気に書き上げたよ
過去最速じゃないの。


また6月にお会いしましょう。

2018.05.25 | | コメント(0) | ピアノ

ぶっ壊す


お久しぶりです。

…ってゆうブログを

書いては休み,書いては休み
上書き保存,上書き保存を
繰り返すこと5回6回。


結局完成に至らぬまま1ヶ月くらいたってしまい
話題も古くなってしまい
消去しました。





今日は朝の8時から夜の8時までレンタカーを借りていたけど
5時くらいには返してしまい,
首都高を運転して疲れたし
一人で喫茶店でほっと一息ついています。





やらなきゃいけないことが
ないようで,たくさんある。

…その程度ってことは
やらなくていいんだろう,きっと。







だらだらと過ごすのには時間が余るし
集中して何かやるのには時間が足りない。



中途半端な集中力は
一番疲れるから…とか。

なんやかんやと理由をつけて
結局なにも進まない。


そんな最近。











ピアノを弾きたいなぁ。ではなくて

ピアノを弾きたくなる何かはないかなぁ。と
きっかけを探している。

弾きたいくせにね。

不自由な生き物ですこと。




この間,お世話になっているライブハウスの店長さんから

「えりさんは表現者としての自分との向き合い方と
そのぶっ壊し方をよく知っている。
感銘を受けます。」

…と。

「次の企画も楽しみにしています。」

…と,
急に連絡を頂いて
それはそれは嬉しくて,何度もそのメールを見返していた


…のだけど





今見たら消えてた。

ショック…凹















嗚呼,
でも久々にまとまった時間をブログを書くことだけに費やしていたら

なんか,なにかできそうな気がしてきた。





やっぱりツイッターとかインスタグラムとか
一瞬で流れてしまうものより
ブログが落ち着く。

…1ヶ月かかっても更新できないことも多いけどね。








今日は更新できるぞ。





無事更新できたら
帰ってピアノを弾くことにするょう。

2018.04.16 | | コメント(0) | ピアノ

企画終了。 集客について。


23日,

ラッパー狐火さんとのツーマンライブ終了しました。


ご来場下さった方々
ありがとうございます。


ご連絡下さった方々
ありがとうございます。
お気持ち受け取ってます。



時間がたつにつれて
反省点や悔しい気持ちが沸いてきて

今が一番いいライブができるんじゃないか,と
悶々としています。











でも,
私の友人達が,
「狐火さん良かった…」と言ってくれたり
泣いてる子もいたり,

ライブハウスの店長さんが
「松本さんやっばいですね…いいですね…!!」と,
オープニングアクトで出て下さった松本大亮さんのことを絶賛して下さったり,


そういう意味では,この「自家発電」という企画に
意義を見いだせました。







店長さんが
「絶対またやって欲しい…。
どんなことでも力になりたい…。
どうしたらいいですか…?」
と,必死に言って下さって


嬉し恥ずかしさで,
穴があったらもぐりこみたいくらいでした。



そういうお声,お気持ちに
なんとか応えてゆきたいです。。








単に企画者としては
我ながら95点くらいです。


でもやはり表現者としてはまだまだまだまだ…
24点くらい。

狐火さんの凄さに圧倒されてしまい
感化されすぎました…。

よくもまぁ狐火さんが作ったはりつめた空気の中に飛び込めていけたもんだ,と
自分の度胸だけは誉めてやりたいです…。







精進します。


この悔しさを胸に。












そして毎度,苦しんで騒いでいる集客の部分ですが

今回は,目標の半分にも届きませんでした。

ワンマンショーvol5の半分にも届きませんでした。

これは切ない。







別にそれだけが大切な訳じゃないでしょ。
もっと大切なこと,気にすべきことが他にあるでしょ。

…と言われます。





でも,私は演者であり企画者なので

企画者としては,1つでも多くの席を埋めたい。
1人でもたくさんの方に来て欲しい。

舞台上からの景色を少しでもよいものにしてあげたいのです。




その先,
哀れみであれ,
同情であれ,
義理であれ,
当日来て下さったお客様の心を動かすのは演者の仕事。









小学生の時,地元宇都宮にポーランドからオーケストラがやってきて
共演させていただいた時に

ノルマとして課されたチケット100枚を
私の母が必死に,本当に必死に
全て売りさばいてくれました。

今思うと本当に凄いこと。

そしてそんな風に身近で尽くしてくれた人の存在と心は
私の中に確実に受け継がれているから


だから,必死なのです。
「必死だね…」と冷めた眼差しを向けられてることも自覚してるけど
もうそんなことで傷つくプライドなんてありません。


必死ですよ。
悪いですか。
集客に関しては開き直りたくなんかないのです,絶対に。




…なんて強く言ってみたものの,
恐怖だけどね。

宣伝メール1つ送る送信ボタンも
震えながら押すけどね。







この葛藤はずっと続くだろうけど。

逃げずに頑張ります。









だからこそ,来て下さった方には
本当に感謝しています。


ありがとうございます。









苦労じゃないです。

苦悩です。







表現者 石田えり

企画者 石田えり

共々,必死に頑張ります。

2018.02.25 | | コメント(0) | ピアノ

«  | ホーム |  »